HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ウルゲンチでの休日 

特に娯楽のないウルゲンチでの休日の過ごし方

①ゲームセンターに入ります

②キングオブファイターズをします

IMG_1000.jpg


ワニワニパニックがあります

IMG_1001.jpg

動きません



ただこの同期隊員

負けない負けない・・・

相当負けなくて20分くらい戦ってたんじゃないかかれこれ

IMG_1002.jpg
ほら、しっかり勝ってるしこのシーンも


まさに彼こそキングオブファイターズ!


我慢できずに俺はウズベク人とエアホッケー勝負して10対7で勝利して

バスケのゲームしてしまいました

ゲームセンターて金使ってまいますよね・・・ついつい

そんなこんなで帰国1か月前の隊員

ゲーセンでゲームしてます


桃次郎

category: ウズベキスタン

カップ 


生徒とコーチのガチ試合(18日予定だった)のためにトロフィーを用意しておき

そのトロフィーをバザールに持って行って書き込みしてもらいました

ちなみにツムの中の階段のそばにありますその店


IMG_0848.jpg


こないしてスキンヘッドのおっちゃんがロシア語ガンガン使いながらやってくれます
IMG_0850.jpg


過去何百個って彫ってきたからある程度イメージがあるらしくて

どんなことを書けばいいかも考えてくれました

今思うと金を稼ぐためだったのかなともおもますが・・・

小さいほうのトロフィーには特殊な液を使って金でやってくれました
IMG_0860.jpg

なんでもこの緑の液体が今は市販されてないらしく入手困難なのだとか

IMG_0864.jpg

デカイほうはこんな感じ
IMG_0863.jpg

サッカー モモジロー杯 2012・5・18

て書かれてます
 

IMG_0865.jpg

ちなみに金額は合計30000スムでした

が、メフモンということで20000スムにしてもらいました

ほんまは10000スムくらいなんでしょうねきっと笑



で、肝心の試合なんですが

火曜日に延期だったという話ですが

それも延期

理由は、明日からブハラ遠征に行くコーチが数人いるから・・・

じゃあいつあんねんて

木曜日の夕方か金曜日の昼のどちらかです

その2択以外に選択肢はありません

みんな帰ってこれば木曜日の夕方にやりたいですが

返ってくる保証はありません

でも金曜日は卒業式もあるし卒業式の後は生徒たちはみんな街に出かけたいやろう

ってことを考えたらやっぱり木曜日5時がベストなんですが・・・・

わかりません

このタイミングになってもはっきり言えないというこの状況

またまたすいません

せっかく期待してくれてたのにこんな延期延期になって

ほんまに俺の最後の活動がこれになりそうですわ

もうここまできたら

未開催にならずに開催されることだけを願います

贅沢は言いません

開催させてください


桃次郎




PS 今からCL決勝 さてどっちが勝つかな


桃次郎

category: サッカー

Navro'z Sobirov 

今日のトレーニングはコンサートを見てイメージトレーニング

今年も去年と同様 navro'z sobirov

おそらくホラズムで一番の有名人


IMG_0892.jpg


ちなみに俺はホラズムで100番目の有名人笑

去年よりも人の入りは少し少なかったけどそれでもまずまず
IMG_0896.jpg

まあコーチはもちろんコンサートなんか見ずに女の子しか見てなかったけどな
IMG_0902.jpg

てかウズの若い男の子とかはだいたいそんな感じ

貪欲すぎるっす


ナウルズ登場
IMG_0910.jpg





サイン
IMG_0920.jpg









サイン
IMG_0915.jpg












サイン
IMG_0922.jpg














サイン
かなんかもうわからん!!
IMG_0935.jpg


てことで日本のドームライブではない良いところですね

これも口パクやからできるサービスなんかもな



ダレ?お前
IMG_0928.jpg
小さすぎるやろキミ



ナウルズはクラの言ってた通り少し悪い顔になってました
IMG_0945.jpg

色々苦労してるのだろう

にしても4時からのウズでの野外コンサートは人殺しみたいなもんやろ

さすがにこれは疲れるわ

口パクって表情とか作らんなアカンし余計に疲れると思うねんけどそんなことないやろか

とりあえず2回目のナウルズのコンサートの印象としては

ヒット曲が確実に減ってきているということ

去年も聞いたことあって今年も聞いたことある曲が人気あって

新曲って言ってた5曲くらいはあんま人気なかったなあ

いよいよ正念場かなナウルズ

どこまで頑張れるかナウルズ

そしてもう一つ、ナウルズのコンサート2時間はおもんないってこと

エンターテイメントに欠けるので見てられるのは1時間です。


また、来週の月曜日21日に別の人のコンサートがある

それは6時からなので練習は一応できることになっている

ほんまに心からフドガシュクルやわ


ちなみに、話変わってこの写真の真ん中に居る人
IMG_0952.jpg

イスロムっていうんですが

先月ロシアから帰ってきました

彼は俺がホラズムに来た1カ月後にロシアに行ってしまいました

つまり一カ月だけ俺は一緒に働きました

そして俺が帰国する一か月前に帰ってくるというなんともようわからん存在

俺の一個上なんですが、そんなに尊敬できるところはなさそうです笑

なにはともあれメンバーが一人増えましたので紹介までに!



そして最後にお詫びを

5月18日に予定されていたモモジラ杯なんですが

22日火曜日?(予定)に延期になりました

コンサート終わった昨日

校長先生が何を思ったのかスタジアムに水を撒いたから

今日朝言うたら、試合があること忘れてた!って

2年間で一番校長に腹が立った

トロフィーにも18日って日付刻んでもらったし

明日のために、コーチ陣達でトレーニング積んできていよいよ体が出来あがってきた矢先これやしな

金曜日、日曜日、月曜日とウォッカの予定入ってます・・・

火曜日走れるわけないそんなんで

全てが狂いました

何よりも来る予定で調整してくれていた仲間たち

本当にごめんなさい


桃次郎 

category: ウズベキスタン

ミニウクタムの指導実践 

今回はミニウクタムの指導実践

ウクタムが2人いて、いつも出てくるのはデカウクタム

今回登場するのがウクタムミニと呼ばれてるウクタム

徒歩10秒で家から学校に着くという奇跡を毎日起こしている彼

コーチ陣の中では断トツで一番若いです

そんな彼の指導実践

選んだテーマはこちらの二つ


一つ目がこちら
ワンツールーチン
ワンツーのルーチントレーニング

ワンツーのタイミングを覚えるための導入トレーニング




二つ目がこれ
判断付き対面パス

判断付きの対面パス練習


対面にいる3人のウチに誰に出しても良い
でも、出した後は必ずパスを出した列に移動すること
後ろの赤いコーンで待って要求するときに黄色いマーカーまで出て要求すること

基本的にルールは以上




彼こそ今までまともなトレーニングをしたことがないのでミーシャ以上に緊張していた模様

練習前にかなりの数の確認の質問が飛んできました

しっかり理解してやろうとしている姿勢から来るものやから良いことなんですけどねもちろん


身長にコーンを並べるウクタム
IMG_0710.jpg

コーンを並べるのって慣れてるか慣れてないか一目でわかるんやって最近気づきました

ミーシャとウクタムミニは相当ぎこちなかった

普段どんなトレーニングしとんや!!笑

まあまあそれは置いておいて


デモンストレーションを入れながら指導する様子
IMG_0713.jpg



さらにアグレッシブになってるウクタム
IMG_0714.jpg


個々への指導
IMG_0724.jpg



トレーニング後に生徒を集めて理解を促すミーティング(私提案)
IMG_0739.jpg


自ら練習に参加して魅せるウクタム
IMG_0750.jpg


次のメニューの後にもう一度確認ミーティングで生徒の頭を活性化させつつ整理させる(自己判断)
IMG_0759.jpg


若干カメラ意識してもて遠く見つめながら固まってまうウクタムミニ
IMG_0735.jpg


ということで頑張ってやろうとしてくれていました彼なりに

彼がまともにトレーニングしているところを見たのはこの2年間で3回目くらい?ですマジで


総括としては

一つ目のメニューの途中に生徒同士で殴り合いのケンカが始まりました

それ以来なぜかウクタムのテンションが下がってビミョーな雰囲気になることも

こっちの人はみんなそうやけど気分乗らんかったし、

俺が気に入らんしとかいう理由でコーチが練習を放棄します

あなたの気分は知りません

どんな気分であれ毎日生徒はあなたの前にやって来ます

自分の周りの環境でなにか不都合とが起こってもそんなことは関係ないですよね

私情を挟まないでほしいです。


あと、デモンストレーションが絶対に必要やろうという場面で彼は口頭での説明しかしませんでした

デモンストレーションと口頭説明の使い分けが少し気になりました

デモンストレーションに関して言えばもう一つ

彼は、見せるときに何か遠慮してるのか100%の力で見せようとしません

悪い時はポケットに手を突っこんだまま見せたりします

そこは前も言うて注意したことなんですが

今回のデモの時もあまり見本となるものではありませんでした

そういう部分はミーシャという良い見本があるので学んでもらいたいと思います

見せるなら本気で見せる

本気というところに生徒は何か感じるはずです


他には、練習中難易度が高くてなかなかうまくいっていない時にコーチがどう対処するのか

ルールを変えるのかメニュー自体変えてしまうのか方法は色々ですが

今回はそういうところでも凄く迷いが感じられました

結局、ボールの数を一つ減らすという方法で落ち着きました


また、彼は最初に説明するときに言わなくてもいいことも言ってしまう癖があります

生徒自身で気づくということが一番いいわけで

コーチには答えを言わない、言いすぎない

ということも要求されます

今回の練習ではウクタムは、最初にほぼ全ての説明を同時にしてしまっていて

生徒の頭に全て入ってなかったように感じました

他には、個々の指導が比較的多いなという印象を受けました

もちろんそれがでいるのは彼のいいところだと思います

が、全員に指導すべき部分を個々だけにしてしまってるという状況が多々発生したので

個々に指導すべきことなのか

全員で共有すべきことなのか

その辺の判断もコーチには求められるということを伝えました


なんか今回は凄く修正点ばっかり書いてしまってるな俺・・・アカンアカン


練習後

「今日の練習で生徒は何回くらいボールタッチしたと思いますか?
間違いなく、ゲーム一試合こなすより何倍ものボールタッチをしたことだと思います
試合が必要ないとは言っていませんしもちろん必要です
ただ、彼らはまだまだ技術的に未熟で学ぶことが多い選手たち
彼らを前にしてどういうトレーニング中心で行っていくのがいいのかもう一度考えてみてください
僕が帰った後も色々なトレーニングをしてくれることを期待してますよ。」って言いました



彼は7年B組担当なんですが

7年はAとBの2クラスあって

簡単にいえばAがサッカー上手い奴らでBが下手な奴ら

そんなわけ方をされていますこの学年は

てことでウクタムミニの7年B組は正直言って凄く下手な選手が多い

サッカーを始めた時期が最近だという生徒も半分近くいる

そんなクラスを受け持ってるウクタムだからこそ

余計に基礎トレーニングの重要性を理解してほしいと強く願います

サッカー始めたばっかりの子供たちに試合ばっかりさせてもやはり技術は伸びにくいです

この年代でした獲得できないことが山ほどあると思います

ウズベキスタンの男子生徒は日本の男子生徒よりも成長期が遅くに来る

ということを考慮すれば

ウズベキスタンの生徒のゴールデンエイジは

日本のそれより少し遅くに訪れると言えなくもないかもしれません

そう考えると中学1年2年でもまだ遅くない

だけどこれ以上遅れると本当に手遅れになる

いわばラストチャンスなわけで

どんどん技術の習得にこだわってやって欲しいなって思います

サッカーなんて結局は自分の技術以上には楽しめんからな

俺サッカー好きやしサッカーの楽しさとか自分なりにあるけど

香川真司は絶対に俺にはわからないサッカーの楽しさを知ってるはず

それは技術のレベルが違うから

それだけのこと

技術以上には決して楽しめない

結局は個の力ですってだから


ミニウクタム(名字はボボジョノブ)よ!

ヤンギバザールのサッカーの未来を担ってるのは間違いなくあなたですよ



にしても2人とも俺があげた服着こなしてるな
IMG_0770.jpg



桃次郎

category: コーチ達

ミーシャの指導実践 


指導実践の第二回目

今回はお馴染みミーシャです

若いウクタムにお願いしてたんやけどその日は体育のテストで

余分に仕事があるとのことで、ミーシャに急きょお願いしたけどOKしてくれました

まずはそこにありがとう


メニューを選ぶミーシャ
IMG_0618.jpg


彼の担当は5年生ということで実践的なメニューは難しいとのミーシャの判断で

彼の選んだメニューはこちら

三角形パス回し基礎

超オーソドックスなパス&コントロールのトレーニング

レイオフした選手が3人目にサポートするというパスの連続

誰でも一度はやったことのあるかも知れないようなメニューですね

IMG_0626.jpg

彼は何かある時少し嘘をつきます

今回も

モモジローが皆の練習を見届けてみんなに成績をつけるとか言って生徒を少し緊張させてました


今まで一度もこういうメニュー行ったことがないのでグリッドのサイズに悩んでるミーシャ
IMG_0630.jpg
これじゃ小さいかな?いや、こんなもんか・・・的な声が聞こえてきそうな



で、結局10歳年下のウクタムに相談することに
IMG_0632.jpg

こう言う時はウクタムが完全に先輩になります


生徒がウォーミングアップ中に再度確認
IMG_0635.jpg

それなりに緊張しているのだなと思いました

なんせとにかく美しく見せるのがウズベキスタンですから

こういう指導実践一つとっても綺麗に越したことはないのです

そういうところもっと活かせないかな



で、指導実践開始

なかなか子どもが理解するまでに時間がかかってしまい相乗以上に苦戦するミーシャ


手先だけでなく体全体を使ってをするミーシャ
IMG_0654.jpg


こういう熱さというのか、それはコーチ陣の中で断トツ
IMG_0650.jpg


ミーシャが真剣に指導し始めると子どもたちも乗ってきます

彼にはそういう力があると思います

彼の一番良いところかなサッカーのコーチとして

IMG_0665.jpg


そして結局このメニューだけで30分も掛かってしまいました

がとりあえず最後まで出来ました

最後の方になると子どもたちもかなり理解してきたようで

終わってからは

「ももじろー、俺この練習気に入ったわ」

なんて言ってくる奴もいました

低学年には豊富なメニューが必要だなと感じた瞬間でした


練習終了後のミーティング
IMG_0672.jpg


彼は他のコーチに比べて多くミーティングを使用します
IMG_0673.jpg

説明し終わった後に、一番頑張った奴の名前とかを言ったりしてモチベーション維持にも繋げている様子

その影響からか、ミーシャに評価してもらいたいという奴らがたくさんいる

低学年の指導に向いてるよなミーシャは確実に


ということで感じたことはたくさんあるんですが

自分なりにメニューの利点を見つけ出して早速自分が予め作っておいた基本ルールを壊しにかかる姿勢!!良いですねー。

デモンストレーションの時も失敗を恥ずかしがらず、100%の力を出して見本を見せる姿勢も素晴らしい

フリーズを多用して子どもたちに理解を促していたのが凄く良かった
(名前を言ってだそう!、後ろを見ながらプレーしよう!)

ちょっと気になったところと言えば、休憩の取るタイミングが遅かったことくらい

理解するのに苦労している子供はやはり集中力も切れやすく

頭から疲れて行く傾向にある

そういう時には意図的に早い段階で水分補給取らせて頭を整理させてやることも重要なこと

もう一つは、このメニューのあとにかなりメニューのレベルを下げてしまったこと

メニューのレベルを下げるということで

確実性を要求できるという利点もあるけど

難易度のギャップがありすぎて子どもたちがすぐに飽きてしまうということにもなりかねない

今回は後者の結果が出てしまったので

メニューのレベルの下げる時は注意が必要!です

気になったのはだいたいそんなところ

サッカーのことをもっともっと知って行けば彼も凄く良いコーチになっていく可能性あるなあって思う

だけど意欲と環境がないから残念・・・

それでもやっぱり彼の良さが出てます彼のトレーニングでは

お昼にウォッカを飲むことをやめてくれたらとりあえずはGOODなんですけどね

それが止められないのが彼やし、そこはもう俺の力の及ぶ範囲でもないしね

それでもミーシャは嬉しいことを言ってくれました

「お前、なんでこのトレーニングメニュー表もって早く俺たちにくれへんかってん。この中にあるメニュー俺はまだ一つしかやったことがない。もっと早い段階でくれたらお前がいる間にたくさんやってみることできたのに」って。

まあ半酔いの時に言われた言葉やけど、それでも嬉しかったかなこれは

俺は帰国してしまいますが

後任さんがいますので、後は彼がなんとかしてくれるでしょう

ミーシャ、俺が帰国した後も頑張ってたくさんトレーニングしてあげてください

子どもたちの明るい未来のためによろしくっす


桃次郎

category: コーチ達

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。