HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

練習試合 

どうも、ウクレレ始めました俺


最近は練習試合が増えて来て、今日もまたウルゲンチから来てくれました

練習試合1試合するだけで、子どもたちはバス代を払わないといけないし、その時間授業にも参加することが出来ない。
(練習試合は授業時間の午前中に行われることが多い)
そのため、1試合するにも機会費用が高くついてしまって、簡単に出来ないんです

そんな中で練習試合が増えている現状にはありがたい気持ちでいっぱいです

ただ別に今日は試合のことが書きたいのではないんです

今日の試合はウルゲンチのチームに完敗でした
新5年生と言うことで、入学したばかりの子供たちの試合なのになぜこんなにも差があるのか
やっぱりボールに触れる機会の差でしょうねこれは完全に
ウルゲンチに住んでいると言うだけでやはりお金持ちということに繋がりやすいですし、
周りにボールがあるという環境が多くあると思います
5年生になるまでにどれだけ触ってきたかでだいぶ変わりますよね

で完敗の後さぁ帰ろうってなってスタジアムにミニバスを呼んだんですが、なかなか来ない
待てど待てど来ない。
我らコーチ陣も早く見送って昼食にしたいところだが、放っておくわけにもいかず付き合わされる。

ウチのコーチは案の定、相手チームの子どもたちを呼び寄せて暇つぶしに入る

hozirboraman


その暇のつぶし方は




ただひたすら耳を引っ張るということ


hozirboraman



やられたくなかったら近寄らんかったらいいのにやっぱこの年代のガキ達は自分もやられたい、構ってもらいたい願望ってのがまだまだあるんでしょうね

つかまったのに喜んでるし
今から耳引っ張られるだけやのに笑ってるし

hozirboraman


この子とかなんか若干気持ちよさそうに感じてるし・・・大丈夫かコイツ

ただこの子この時、周りのやつらにズボンずらされて下丸出しなって泣きそうなってたけど。




hozirboraman


この子の顔は良かった

このイジメ方は少し違くて、両手を前でクロスしてその両手を後ろから思いっきり引っ張るっていう

最初から一番調子に乗って弱そうなやつをコーチの近くに行かせたりして一番大声で笑ってたやつがこの顔やからね

みんな楽しそうやったなあ

hozirboraman




そしていよいよバスが来るって時になぜかウチのコーチと相手の生徒達で記念撮影

hozirboraman






練習試合1つ組むの大変過ぎやろ!!!!っていう話でした

category: コーチ達

ウズ人 

みなさん知っての通り、俺は風邪をひいてます

昨日から頭痛が続いています

だから今日は練習に行けんかった

家でゆっくり休んで明日からまた行こうと思って

家では大人しく休みたかったのに、朝から客客客・・・

校長の兄弟が来たり、校長の兄弟の嫁が来たり、校長の兄弟がまた来たり、おじいちゃんが来たり、お隣さんが来たり、いとこが来たり、どかたの人が来たり


ほんま静かに休ませてください。


で、夕方またなんやら騒がしい音沙汰が


やたらテンション高くアッサロームアレイクン言うてるやついるし面倒やなー思うてた正直俺


絡まれないように音たてんと寝ておこうと思ったら俺の部屋に迷わず猪突猛進してきよった


寝たふりしてたら、急に顔面掴まれてビビった


マジで誰や思うて見たら
同僚のコーチたちでした


皆見舞に来てくれたのです


ミーシャ、ウミッド、ベック、ウクタム、ウクタム

5人も俺の見舞いに来てくれました

ちょっと頭痛くて休んだだけやのに、皆揃って俺の様子を見に来てくれました


帰りのバスが無くなるのにそんなことお構いなしに来てくれました


本当にありがとう皆
皆俺より10歳15歳も年上やのに、わざわざ見舞に来てくれて本当にありがとう


また一つウズベキスタンの人々の優しさに触れ、
ウズベキスタンの人々を好きになった


赴任当初やったら絶対こんなことなかったやろなーって思い、
赴任してすぐ風邪をひき、医者呼ばれてけつに注射されたこと思いだしてました


赴任してから8カ月、少なからずこのコーチ達とは関係が出来てきてるのかなって


関係作るのに1年間かかって、勝負は残りの1年弱って言うのはほんまやった


残りの1年2カ月の活動期間


このコーチ達のために何が出来るだろうか


コーチのために肝胆を砕く


category: コーチ達

まだまだ若いコーチ達 

この前ウルゲンチで大雪が降った時のこと


時同じくしてヤンギバザールでも大雪になっていた


この大雪は地元の人たちでも何十年前に一度だけあったほどの大雪だったそうだ


ということでもちろんコーチもそれなりに雪で写真とか撮って興奮する



ウチのコーチも例外ではなく、雪で写真撮ろうとのこと





bekku2

左がベックでウズベク版柔道ことクラッシュのコーチ
右が我らがミーシャことマルクス

この二人は年も近くてお互いに信頼してる感じで仲が非常に良い


にしても表情硬いすよね?


特にミーシャ



悪いことしたみたいな顔なっている


んでさすがに雪に合わないので、もう少し柔らかくって言って撮った1枚がこれ


bekku


ベックは割と柔らかいんやけど、ミーシャの柔らかくって言うのは表情ではなく、肩を組むという行為で表現されるようだ


ただなんかようやく2人の雰囲気がこの時ホンマに柔らかくなって、急にテンション上げて来たベックとミーシャ



なんかいきなり「寝ころんで撮ろか」って言いだす40歳コンビ


そして急にそわそわして回りを気にしだすベックとミーシャ


その時の写真がこれ


markus



完全にこの写真見れば2人の会話が思い浮かびますね


M「マジでいくん?俺ら40歳やで」


B「イヤいけるって誰もいいひんやんけ」


M「いややっぱやめとこうや誰かに見られたらまずいってええ年こいて」


B「何言うてんねんお前ビビりすぎやって」


M「ほなとりあえずお前寝ころべや」


B「俺いったらお前もすぐくるけ?」


M「おうわかったわかったいくしマジで先行けってお前」


B「お前ほんまに俺いったら来いよ?約束裏切んなよ」



まぁこんな感じですねほぼほぼ間違いなく



このやりとりはほんま見てて面白かった


そんな暇あったら今誰もおらんねんから思い切っていけばいいのに





で、決心がついたのか、撮った写真がこれ



markus3


めっちゃ表情柔らかいやん


特にミーシャ


雪なんか片手に抱いてしまって



大雪が降れば良い大人でも興奮するようだ



これぞまさに五十歩百歩

category: コーチ達

問題児だらけ 


俺は2月からコーチ向けに講習会を実施しようと思ってる。


予定では月2回で


1回が講義形式


1回がグラウンドで実際にサッカーしながらの指導



内容は日本サッカー協会C級に値するくらいの内容が出来たらなって検討中。



そして予定していた第一回、2月19日土曜日
この日はコーチ達の大会が入ってしまったので中止。これはまぁ仕方がないかな・・・


んで校長と話してそれやったら月曜日、いわゆる昨日の朝会議の後にやろうってことになって準備してた俺



したら朝になっても9人中会議に来たのが5人だけ。
4人は来ず、そのうち2人は昨日姿かたちも見えませんでした。


そうなると、今日火曜日にまた打ち合わせしてこの日にしますって言って、みんなに告知しないといけない。

でまたその当日を待つ。
次全員来てくれればいいけど、もし来ないとかなったらどうしよかな


ほんまこのペースじゃ予定が狂いまくりやし全部達成できるかも怪しいな任期終了までに。


コーチにこんなこと言う人がいた
「俺は今日は何しなアカン何しなアカンって計画を立てて実行したい人。そやけど、ウズベキスタンではそれが上手いこといかない。当日の予定変更なんて普通にあるし、あれこれやれって上からも言われる。そういうところが嫌いや」て。


確かにな。



ウズベクに予定はあってないような部分もたくさんある。




ってもっともなこと言ったなって当たり前のことやけどそのコーチには少し感心してました。



するとそのコーチ、



なんと月曜日・・・・







会議無断欠席












それを言うてたんちゃうんかいお前さんよ






立てた予定が上手いこといかへんの嫌いゆーてた張本人が、がっつり遅刻。
ほんま人のこと悪く言うくせに自分のこと何とも思ってないからタチ悪いなウズ人・・・




この様子では、当分ウズベキスタン、いやヤンギバザールは変わりそうにありません。

category: コーチ達

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。