HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

AFC soccer coaching lisence-level C  


どうも、社会科の免許持ってるって言ったら、「え?体育じゃないの!?」って言われ慣れている俺です

この前ウズベキスタンのど西にある地方都市ウルゲンチで、AFC(アジアサッカー連盟)主催の、コーチングライセンスレベルCの講習会が2週間にわたって行われた。

自分が持ってるライセンスは日本サッカー協会公認のライセンスであって、AFCとは管轄が違う。


ちなみに日本でのC級と言えば、あくまでも目安だが12歳以下までの子供を対象に指導できるレベルという扱い。
ただ現実的には日本全国の中体連のコーチや顧問などにはC級所持者が多い。
C級すら所持していない指導者もいるくらいなのだから
理想はB級以上なのだろうが、無理である実際問題。特に教師にはそんな時間がない・・
B級となると一応中体連、高校レベルでの指導が出来るレベル
A級は大学、社会人の指導が出来る資格が与えられ、
S級になるとJリーグ、JFLでの指導資格が与えられる。

人数で言うと、日本国内で
Dが約30000人
Cが約25000人
Bが約2000人
Aが約800人
Sが約300人弱
となる。


ちなみにAFCのCはこんな感じのようだ

The AFC ‘C’ Coaching Certificate course aims at training coaches and developing their basic techniques and skills in football. It is designed to teach the coaches to organise, direct and conduct basic coaching practices targeting especially young players. The course lasts 13 days and requires a minimum of 85 hours of study time for both the practical and theoretical sessions. In the final examination, students will be assessed on their practical coaching abilities, knowledge of the laws of the game, in addition to learning and understanding of the theory contents of football.

ま特に年齢が指定されているわけではなさそうである。

講習受講にはもちろんお金が必要・・・・自分は一切払っていない
でも興味あるし、なんてったってもっとコーチング勉強したい。
と思いダメもとで突撃してみた


するとなんと講師がロシア人で英語すらできないという最悪なパターン!!!!

俺英語できないっすけど、参加したいとかくらいなら伝えれるっす
ただロシア語やと、モージナ?しか聞けないっす


ただなんとなく意気投合して気に入ってくれて、明日からお前も参加しろと言われてしまいました

マジでちょーラッキーでした。

実技講習はこんな様子

hozirboraman




講習会はもちろん教室での講義もありますが、半分近くはグラウンドでの実技講習です

なんせ、まともな練習メニューで練習したこともないでしょうからこの年代のウズベキスタンの人達は。
練習メニューを自分が参加してこなすことによって、そのトレーニングにおける指導のポイントや講師のトレーニングの進行方法などを肌で感じてもらうのが狙いだと思います。

重要ですね実技講習



hozirboraman


これはダイビングヘッドの練習なんですが、
これは講師のかたが指導されてるのではなくて、参加者の一人が実際に指導実践している場面です。

テーマを与えられて、そのテーマに関する1日のトレーニングを構成する。

それをもとに残りの参加者の方が生徒代わりになり、指導実践を行うというもの。

この方はヘディングと言うテーマを与えられたのでしょう・・・ムズカシイねヘディングは

ただやっぱり指導実践が一番指導者のレベルアップにつながると思う


自分と同業のコーチ達を対象に指導実践を行う。多くの専門家が見ている中で指導を行い、
時には議論したり助言を頂戴したり。


こんなときに無難に終わろうと思ってたり
ビビって縮こまってるようなコーチではダメですね

こんなチャンス滅多にないねんから全力で準備して全力で実践して、
失敗する時は全力で失敗すればいい


それくらい学ぶ気持ちがないと教えられる子供に失礼ですからね。


でも参加者のみなさんは頑張ってはった思います。

もちろん練習の最後は

hozirboraman

みんなが大好きなゲーム

ゲームが嫌いな人はいないでしょう

大多数の男性が数少ない女性陣にボールを回さなかったのが気に食わなかったですが・・・。
これも勝ちにこだわるウズベキスタンの特徴やなと思いながら見てましたよ。


hozirboraman



これが今回講習会に参加した方々


もともと顔見知りが多かったですが、いわゆる元プロ選手なども居て楽しかったです。

サッカーが上手いと思った人は一人だけいました。
あと講師の方も走れないですが、やっぱり止める技術なんか持ってるなって感じでした。


ちなみにこの中で何人の方がライセンスを取得できたのかはまだ明らかになってないようですね。
8月には結果が出るみたいなのですが、皆さん通るといいですね。


ただライセンスとることが目的であってはならないと思う

その先に待つ子供たちがいて初めてこの経験を活かすことができるということ


ライセンス取得が手段であって欲しいと願うばかりです



スポンサーサイト

category: サッカー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/89-d7ef4001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。