HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

AFC(アジアサッカー連盟)からの使者 


ウルゲンチ市内にある小さなサッカー学校に大きな使者がきた


AFC(Asian Football Confederation)アジアサッカー連盟から講習会のためにわざわざ講師が来たのだ


ファルハット・アッブドラエム


タシケントからわざわざ飛行機できて約2時間半講習会を一度行って帰って行った


AFC


AFCからの使者と言うことでみんな一生懸命聞いていた様子


しかし、ホラズムにこんな多くのコーチ・審判がいることに驚いた


この人たちと関わってみたいという気持ちが湧いてきた


講習会は基本は講義型なのだが、積極参加型の講義だったという印象を受ける


AFC3


こないして参加者が前に駆り出されて再現しながら説明したり、2時間半の講習会で約50回程度
参加者に意見を求めるシーズがあった



俺も当てられたけど、ロシア語の説明が多くわからなかった・・・あー情けな あー悔し


講義の内容は90%審判に関すること


ホラズムに居る審判は参加必須だったようで、参加者の中にも審判が多く見受けられた


わざわざタシケントから来る講師の講習会の内容が審判の内容ということ・・・
やはりウズベキスタンの特徴でもあるのか


ウズベキスタンにはローション・イルマトフという世界的な審判がいる


彼は2010年の南アフリカW杯で開幕戦の審判を担当したことでも有名


ウズベキスタンはこの審判をある意味で国民的な英雄として扱っている


俺は活動していて、ウズベキスタンは多くのタレントよりも一人の英雄を育てたがる気がする


そのためこのローションはCMに使われたり町の看板に使われたり半端ない扱いを受けている


日本で有名な審判は西村雄一さんだと思うが、彼がそのような扱いをされることは全くもって皆無


彼も十分世界に誇る日本審判員だと思うが、扱いは全く違う


世界的な選手がウズベキスタンで出てきていない分、世界的な審判が出たことをっ国民全員が誇りに思っているような気もする


世界的な選手がウズベキスタンから出るまでは、ウズベキスタンでは選手よりも審判のほうが地位が高いという全世界的に見ればイレギュラーな現象がしばしばおこることと思われる


あ、ちなみにこのファルハット・アッブドラエムは西村雄一さんの友達だそうだ
なんでもマレーシア(AFCの本部)で働いているときに知り合ったのだとか??


具体的に今回講習会から学んだこと
それは
ありません



AFC2


なんか日本では当たり前にわかっているようなことを改めて指導された気分


ただ、論理的に理解できてなかった部分をわかりやすく整理したという講習会だった
そのため、新しい知識は0に近い


だから正直つまらなかった

タシケントから読んでやる意味はないかと思った


それよりかはもっとコーチングに関することを指導して欲しかった


またそれは機会があればと言うことで


しかししかし
なんてったってこの人所属はAFCだということで
講習会の進め方としてはまずまず上手かったのかなと


なんせAFCなんで資料一つ一つの質が高い

くらに見てもらいたかった

それなりの組織にはそれなりのPCのプロがいるんやな


AFc4


でも
一番驚いたのが、チームとは何かという問い掛けを講師が参加者にした時

それに対して皆が色々意見するのだが、その答えを一つの映像で示した


その映像は、スペインの闘牛の映像


闘牛士が牛に襲われてしい、立てなくなる

それでも闘牛は闘牛士向かって角で襲ってくる

闘牛士はもう動けなくなるくらいに傷を負っている

そこに、場外から自分の出番を待っていた仲間の闘牛士が走ってやってくる

するとその闘牛士たちは、襲われた動けなくなった仲間の闘牛士の上に次々と覆いかぶさっていく

そして動けなくなった闘牛士を守った

上に乗っかった闘牛士ももちろんどんどん襲われていく

しかし誰一人として逃げることをしない

己を犠牲にしてでも仲間のために

まさにジャモア

まさにチーム

というクリップ

凄く良い映像でした

こういうのをサッカーとは関係ない映像で示すのってできるようでできない
上手いなぁって感心


ただ言ったように講習会の内容には少し残念

まだまだ審判優位の時代が続くのだろうここウズベキスタンでは

早く一人、まず一人世界で活躍するプレーヤーがウズベキスタンから出ることを願っています


あ、ちなみに25日をもって中学校3年生は卒業
そして俺もホームステイ先を卒業してきました


明日からタシケント


27日には
U-15日本代表対U-15ウズベキスタン代表の親善試合を観戦しに行きます

どのくらい出来ればウズベキスタン代表になれるのかこどもたちに伝えるためにも貴重な機会となると思います

ではこの報告は機会があれば後日

スポンサーサイト

category: サッカー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/77-ea0f2cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。