HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ありがとう 

保護者会が週末にあって、学費制になるって言った最初の月曜日だった。



5年生男子先週まで22名だったのが












12名・・・




親が学費払えないから普通のタダの学校に行けって言ったのがほとんどのケースだと思う。




今まで半年教えてきた子が急に半分もこんくなって、なんつーか・・・マジで寂しい




お別れもなんも一切あるわけもなかったし、こんかった子供の顔が思い浮かぶわ



ほんまもう会えんのやろうかあいつらとは



サッカー教えてあげることできひんのやろか





ただ寂しいわ







そやけど、目の前に残ってる子供がいるのも事実やしその子らのために俺はできることをせなアカン思うて練習開始



今日は6年も少なかったから合同で練習。って言っても結局別々のメニューしたけど



5年はドリブルとシュートがテーマでやっててんけど、6年はパスとドリブルがテーマ




6年の練習。オーガナイズについては一辺約15メートルの三角形をマーカーで作って、各マーカーに3人。あと、その三角形の中心に3人。


方法は、各辺にいる選手が中央の選手にパス。中央の選手は、パスきた方向から見て右側のマーカーにドリブルで行って次の選手に渡すという簡単なトレーニング(以下TR)


もちろんオプションとして来た方向から見て左側にドリブルってのもあります。


図で描くとこんな感じ。
美術で3しかとったことないので絵は下手・・・堪忍してや


     




ほんでこの練習で6年の生徒から自分の思ってなかった、予想を超えた言葉をもらった。



それはどんな言葉かと言うと









「他の練習ないの?」





自分は驚いて、おもんないから?それか簡単やった?て聞いた





したら生徒(名前ジャホン)は、「そうじゃない」って



じゃあ何で?って言ったら・・・




「頭がこんがらがる」って




これ聞いた瞬間かなりの驚きと同時にこのジャホンに対して感謝の気持ちが



ジャホンありがとう



なんでか言うたら、俺は兼ねてから子供らの頭が疲れる練習がしたいて思ってたわけ




頭使って考える練習することによって、試合で頭使って判断するてことが当たり前になって、やがて判断さえも無意識にできるようになるてわけ


そうするとプレーのスピードが格段に上がる



でも自分の今日の練習の想定ではこんな練習で頭がこんがらがるとは思ってなかった



だけど違った。






ここの生徒にとっては、頭を疲れさすにはこれで十分だった




そしてそれは今までそれだけ頭を使わない練習をし、そういう意識さえも全然なかったということの証明となった



しかしここの生徒にはどの程度のレベルの練習を行い、そこに判断って要素を取り入れていけばいいかってのがわかった。




その意味で今日の練習の意義はホンマに大きい




ほんまこのジャホンには感謝したい




やっぱり答えは子供の中にあるし、どんないい練習でも現地の人に合ってなければ意味がないて改めて感じた



自分が教えるんじゃなくて子供が教えてくれる。そう強く思った



スポンサーサイト

category: サッカー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/7-bd9ddfdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。