HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

学費月10万!!!??? 

土曜日午前中の授業が終わってから大イベントがあった。


それは何か・・・







保護者会。



生徒の親が学校に集まって1年間の報告や新年の活動計画など伝える保護者会のよう。



その会議が始まって最初の方は、去年1年の試合の結果や活躍した選手の名前を読み上げ、保護者にいい気持になってもらうって感じやった。


そこまでは退屈してる親も居ながらも順調に進んでた。



そして2つめの話題。




学費について



実はウチの学校は国からの援助で成り立っているために、学費は今まで一切払わなくて良かった。


タダ。



もちろん日本でも普通の学校はタダやけど、ここは普通の学校やなくてサッカー学校。



生徒が選抜されて入学してくる学校で、そういう学校でタダってのは比較的珍しいケース。



実際、ウズベクにあるサッカー学校のほとんどでは学費を払って子どもたちは通っている。



そしてそれがウチの学校も例外ではなく学費制になっていく。



というかもう親に言う前に新年明けて反強制的になってしまったらしい。



その価格







50000スム




日本円では2500円とかそんなん



安いなぁって思うかもしれへんけど





こっちの人の給料の平均は100000スム~150000スム






つまり、給料の半分が子供一人の学費で消えていくってこと。




日本で言うたら10万円とか15万円っていう莫大な金が子ども一人の学費で飛んでいくっちゅう話。



払えるわけないやん絶対に



しかもその50000スムで何が変わるって言ったら、今までよりご飯が豪華になるだけらしい
あと金を貯金していずれISUZUのバス買うらしい。さすが日本のISUZUやな。てそんなん今はどうでもいいねん



そのためだけに親の給料の半分を学費にって?



アホやろ




誰が払えんねんそんな金




学校の先生も、親が払うことできひんくて生徒が来こうへんようになっていずれは私たちの仕事がなくなるって心配してはる



それは心配するやろ




いくら国が決めたことやからゆーて急すぎるし、やるなら少しずつ金額高くしていくとか、家の状況によっては負担額減らすとかもっと方法あるやろ




親が正直にどう思ってるんか聞きたい




また親の負担が大きいのはもちろんやけど、それよりもサッカーしたくてもできひん子どもが出てくるのが辛いな



日本でも、勉強したくてもお金がなくて大学いけへんて子いるんと同じやな



したいことがある子にそれをさせてあげれへんってほんまにもどかしくやるせない気持ち



ほんまウズベキスタンめちゃくちゃや





スポンサーサイト

category: その他

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/6-74f0a64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。