HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ミーシャの指導実践 


指導実践の第二回目

今回はお馴染みミーシャです

若いウクタムにお願いしてたんやけどその日は体育のテストで

余分に仕事があるとのことで、ミーシャに急きょお願いしたけどOKしてくれました

まずはそこにありがとう


メニューを選ぶミーシャ
IMG_0618.jpg


彼の担当は5年生ということで実践的なメニューは難しいとのミーシャの判断で

彼の選んだメニューはこちら

三角形パス回し基礎

超オーソドックスなパス&コントロールのトレーニング

レイオフした選手が3人目にサポートするというパスの連続

誰でも一度はやったことのあるかも知れないようなメニューですね

IMG_0626.jpg

彼は何かある時少し嘘をつきます

今回も

モモジローが皆の練習を見届けてみんなに成績をつけるとか言って生徒を少し緊張させてました


今まで一度もこういうメニュー行ったことがないのでグリッドのサイズに悩んでるミーシャ
IMG_0630.jpg
これじゃ小さいかな?いや、こんなもんか・・・的な声が聞こえてきそうな



で、結局10歳年下のウクタムに相談することに
IMG_0632.jpg

こう言う時はウクタムが完全に先輩になります


生徒がウォーミングアップ中に再度確認
IMG_0635.jpg

それなりに緊張しているのだなと思いました

なんせとにかく美しく見せるのがウズベキスタンですから

こういう指導実践一つとっても綺麗に越したことはないのです

そういうところもっと活かせないかな



で、指導実践開始

なかなか子どもが理解するまでに時間がかかってしまい相乗以上に苦戦するミーシャ


手先だけでなく体全体を使ってをするミーシャ
IMG_0654.jpg


こういう熱さというのか、それはコーチ陣の中で断トツ
IMG_0650.jpg


ミーシャが真剣に指導し始めると子どもたちも乗ってきます

彼にはそういう力があると思います

彼の一番良いところかなサッカーのコーチとして

IMG_0665.jpg


そして結局このメニューだけで30分も掛かってしまいました

がとりあえず最後まで出来ました

最後の方になると子どもたちもかなり理解してきたようで

終わってからは

「ももじろー、俺この練習気に入ったわ」

なんて言ってくる奴もいました

低学年には豊富なメニューが必要だなと感じた瞬間でした


練習終了後のミーティング
IMG_0672.jpg


彼は他のコーチに比べて多くミーティングを使用します
IMG_0673.jpg

説明し終わった後に、一番頑張った奴の名前とかを言ったりしてモチベーション維持にも繋げている様子

その影響からか、ミーシャに評価してもらいたいという奴らがたくさんいる

低学年の指導に向いてるよなミーシャは確実に


ということで感じたことはたくさんあるんですが

自分なりにメニューの利点を見つけ出して早速自分が予め作っておいた基本ルールを壊しにかかる姿勢!!良いですねー。

デモンストレーションの時も失敗を恥ずかしがらず、100%の力を出して見本を見せる姿勢も素晴らしい

フリーズを多用して子どもたちに理解を促していたのが凄く良かった
(名前を言ってだそう!、後ろを見ながらプレーしよう!)

ちょっと気になったところと言えば、休憩の取るタイミングが遅かったことくらい

理解するのに苦労している子供はやはり集中力も切れやすく

頭から疲れて行く傾向にある

そういう時には意図的に早い段階で水分補給取らせて頭を整理させてやることも重要なこと

もう一つは、このメニューのあとにかなりメニューのレベルを下げてしまったこと

メニューのレベルを下げるということで

確実性を要求できるという利点もあるけど

難易度のギャップがありすぎて子どもたちがすぐに飽きてしまうということにもなりかねない

今回は後者の結果が出てしまったので

メニューのレベルの下げる時は注意が必要!です

気になったのはだいたいそんなところ

サッカーのことをもっともっと知って行けば彼も凄く良いコーチになっていく可能性あるなあって思う

だけど意欲と環境がないから残念・・・

それでもやっぱり彼の良さが出てます彼のトレーニングでは

お昼にウォッカを飲むことをやめてくれたらとりあえずはGOODなんですけどね

それが止められないのが彼やし、そこはもう俺の力の及ぶ範囲でもないしね

それでもミーシャは嬉しいことを言ってくれました

「お前、なんでこのトレーニングメニュー表もって早く俺たちにくれへんかってん。この中にあるメニュー俺はまだ一つしかやったことがない。もっと早い段階でくれたらお前がいる間にたくさんやってみることできたのに」って。

まあ半酔いの時に言われた言葉やけど、それでも嬉しかったかなこれは

俺は帰国してしまいますが

後任さんがいますので、後は彼がなんとかしてくれるでしょう

ミーシャ、俺が帰国した後も頑張ってたくさんトレーニングしてあげてください

子どもたちの明るい未来のためによろしくっす


桃次郎
スポンサーサイト

category: コーチ達

コメント

はじめまして(^^)
JICAってスポーツも教えていたんですね!
知らなかったです!

そういえば、以前少しウズを旅した時スポーツしてる人とか、できそうな場所とか見なかったんですが、国民的なスポーツとかって何かあるんですか?

URL | ウィリアム #-

2012/05/16 09:21 * edit *

初めまして。
コメントいただきありがとうございます。

JICAでのスポーツ分野では、サッカー、テニス、野球、卓球、陸上、水泳、柔道、空手、合気道、野球などがります。
サッカーに関して言えば、日本サッカー協会と協力して、各国の代表監督として日本人ボランティアを派遣するといったこともしています。


ウズベキスタンでは何と言ってもサッカーが国民的スポーツです。
子どもの80%くらいはサッカーしていますし、、大人でも週末にサッカーして汗を流すといった場面がいくつも見られます。
それ以外にはクラッシュという伝統競技があります。こちらは柔道ととても似ています。そのため、ウズベキスタンでは柔道も盛んで日本人選手に勝つこともしばしば起こります。
私の配属先ではサッカー専攻とクラッシュ専攻の2つの道があります。
テニスも割とさかんではありますが、経済的に余裕のある家庭の子供が行うスポーツと言った感じでしょうか。

URL | ムロッド #-

2012/05/16 12:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/234-87842303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。