HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

セレクション 


木曜日、ホラズムのプロサッカーチームと練習試合を行いました

45分×2本

会場はホラズムオリンピックスタジアム

目的はセレクション

各市と順番に試合を行っているらしく、

そこで若くて良い選手がいれば今後数日もしくは数週間

ホラズムのチームの練習に参加するということ

そこでさらに結果を残せば晴れてプロ選手ということ?になるとか

なんでセレクションを行ってるかというと

ホラズムのチームは財政難で前年までいた選手に前年同様の給料を支払えなくなったため

何人かの選手がチームを去ったとか

そこで給料の必要のない若い選手を取ることによって

財政難を乗り切りつつチーム再建を図ろうということ

セレクションに受かって正式に契約しても給料は100ドル200ドル程度しか出せないらしく

食事は出来れば家で済ませて来て欲しいとか

まあ実際、高校卒業もしくは20歳くらいまでなら

無給でも夢を持ってプレーするだろうとは思いますが

ということで木曜日はヤンギバザール市のメンバーをみたいということで

我がサッカー学校のコーチに連絡が入ったのだ

こうやってプロのクラブやコーチとサッカー学校との関係が遠くないのがウズの良いところ

でもって中2・中3の在校生なんて連れて行ってもほぼほぼ試合にならないし

若すぎるという理由でスカウトはされないだろうということで

卒業生をメインにチーム構成

で、人数が足りないということで自分ともう一人のコーチもメンバーに

IMG_7924.jpg

後列左から 25歳 18歳 20歳 14歳 18歳 23歳
前列左から  17歳   15歳   16歳   16歳   16歳

IMG_7926.jpg
IMG_7927.jpg


結果は5-1で負け

まあ負けるのは100も承知でやったんですが

なんかみんななんのためにプレーしてんのか感じれないゲームだったので凄く個人的には残念

俺なんかはスカウトされないから

若い選手がスカウトされるようにプレーさせてあげるってスタンスで臨んでました

で、前半のキックオフの時ボールは俺達

俺は中盤だったんですがワントップだったのでFWの横に行き2人でキックオフすることに

でその後ろ、つまりボランチに陣取っていたのがウルク

写真でいうと前列左から2番目の子

彼は在校生の最上級生で学校の中では実力も一番上で一番やんちゃなやつ

明らかに緊張してる様子笑

毎日の練習ではどや顔の連発やのにな・・・

だから俺はこう言った

「ウルク!お前に最初パスするしな!」

したらウルクは

「いや、ディフェンスの人にパスしてください」て笑

もうこの時点でアカンよな

「いや、お前にパスするからお前は受けたら誰にもパスせんでいいから全員ドリブルで抜いてみろ」

ウルク 「・・・・・・・・・・汗」

「なんのために今日試合すんねん、お前の良いところ見せなアカンやん」

ウルク「・・・・・・・・・」

で試合開始して宣言通りウルクにパスした

ドリブルするかなって思ったら

仕掛ける素振りもなく

強いて言うなら前を観ることもなく

ディフェンスの選手に下げるという結果

あーこれでこいつわ終わったな

今日お前がスカウトされるってことはないわそれでは

そんな選手ばっかりで

スカウトされてやろうなんて心底思ってる奴は人っ子一人いなかったね

それが凄く残念で所詮その程度のものなんだなと

日本に居たらそんなチャンス普通に考えたらないし

凄くプロになるのが身近なウルゲンチ

やのに目の前にそんなチャンスがあるのに何気なく試合して何気なく負けて行くのを見て

何とも言えない気持ちに

ただ試合後一人の選手が声を掛けられて翌日から練習に参加するように言われてました

写真で言うと俺の隣に映ってる子

ウチの卒業生で普段から練習に顔出したりしてる子

良かったのかなとりあえず

ヤンギバザール郡サッカー学校の名前が上がれば学校としては万々歳だろうから

ホラズムのスターティングメンバーの半分が我が校の卒業生で埋まる

ってのが校長先生が願っている希望だとか

まあまともなコーチが5年も働いたら簡単なことなんですけどねそんなこと


とにかく毎日必死でトレーニングしてなくても

ちょこっと試合だけ参加しちゃって

それでスカウトされることがある

っていうレベルにプロのチームが位置づいているのがダメだと思うな

チャンスが身近にあるってのは良いことやけど

プロとアマのレベルが近いって言う意味でチャンスが身近にあるって言うのではダメ

そしてもっと若い選手(小学校低学年)を発掘して育成するってシステムがあればな

下部組織作って定期的にセレクションとかやれば良いのに

それくらいできるでしょいくらなんでも

そういうのがあればもっとサッカー学校の子供も自然と頑張れるやろうに

サッカー学校の位置づけも凄く曖昧な感じがするわ

サッカー学校だけあってその先卒業後とかに繋がってないからねほとんどの状況が

ウズのサッカー界の問題、いやホラズムだけの話なのか?

わからないがたくさんあるな子どもの未来のためにやらないといけないことが

話があっちこっち行ってますが


帰国の日程が決まりました

6月12日首都に上がる
6月19日タシケント発
6月20日成田着  になりそうです


ほんまにいよいよ終わりです


にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村←来週はウズ対日本ですね!!

スポンサーサイト

category: サッカー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/194-4364e528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。