HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ほんの少しずつ 


練習では2人1組ボール1個で基礎の練習をたくさんしてんねんか


かたわれがボール投げてもうかたわれが落とさないで蹴って返すみたいな基礎の基礎の練習


足で返して次は太ももで止めてから返して次は胸でとめて返して最後は頭でって流れやねんか


で、胸で1回止めてから返す練習になったとき、ある子どもが全然胸で止めてなかった。とめようとしなかった


なんでやらへんの?て聞いたら投げる球が高すぎて無理って言いよった


で見てたら確かに少し高いしやりづらいと言えばやりづらい高さにかたわれが投げてた


でもやろうとしなさすぎたわこの子どもは


だからそういう時に俺がいっつも言う言葉がある







ウイーン ダ ニシェタサン







日本語で








試合ではどうする?










どういうことか言うたら、じゃあ試合でそんなちょっと高いパスきたらトラップしーひんのかってこと




何のための練習なんってこと




要はこの子らの練習が練習のための練習にならないように、試合のための練習になるように、意識付けから常に試合を想定させるようにしてるわけ




試合やったら少々高くても奪われたくないから必死に止めに行くと思うねん





そういうこと俺が今伝えようとしてるのは





やから子どもがどうしたらいいかわからんようになってるときには、試合なったらどうする?ってのを基準に置いて考えさせるようにしてる



試合でもそんなハンドすんの?て聞いたら、いや、せんよせんよって言いよる



じゃあ今どうすればいいか考えてやろやって言ったら少々高くても止めるチャレンジをするようになるてわけ



試合で自分の好きなところに来るパスなんて数えるくらいしかないからね



で、話戻るけど今回もウイーン ダ ニシェタサンって言おうと思ってんか


明らかやろうとせんかったから



で、「ちょっとまって!!それでいいん?」て言って



ちょっと考えさせる間を置いて、



言おうとした瞬間に



そいつのかたわれ(ボールを高めに投げていた方)が、





何かを勘付いたように笑いながら







ウイーン パイティ ダ






って言葉を言いよってん




訳すと





試合の時に






自分がいっつもいっつもこの言葉を言うもんやから中にはこうやって俺がこのタイミングで何を言うかがわかる子どもがでてきてん





俺が嬉しそうに「そうそう!!!!!!!!!!」って言ったら




かたわれもようやく気付いたみたいで




OKOKみたいな感じで再開しよった



その後はボールが高いとかベっレーとかごちゃごちゃ言わんとやっとったわ




みんなが無意識で常に試合を意識して練習に取り組めるようになればほんまに良い選手になっていいチームになっていきよるんやろうなぁて思うたわ




またすぐ忘れるんやろうけど、ほんの少しずつこういう変化が見れるのはほんまに嬉しいし、こどもにとって凄くいい変化



この「試合やったらどうする?」



て問いかけは帰国する2012年6月までどんだけうっとしがられても言い続けなアカンで俺



コーチの基準がぶれてしまうと子どもはどうしたいいかわからんなるからな


PS:明日は同僚のコーチのお兄ちゃんの息子(全く会ったことないしダレ?て感じですが)が結婚するらしくて、ウルゲンチで結婚式があるのでたぶん俺も行く思う。もうこれで13回目?14回目?もう50回でも100回でも行ったるわ
スポンサーサイト

category: サッカー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momojirou55.blog87.fc2.com/tb.php/18-119d0cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。