HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

タシケント2日目 

タシケント上京2日目、今回の首都上京のメインイベント
派遣1年を迎える隊員の中間報告会と
2年任期満了された帰国隊員による帰国報告会に

今回は発表者がかなり多かったので朝9時から5時までと正直キツすぎるスケジュールでした
さらに風邪で死んでる俺なので、背筋伸ばして話聞こうとするのが精一杯

前半が中間報告会で後半が帰国報告会



こちらが派遣1年を迎えられた22-3次隊の皆さま(映ってない方もおられます)
20111222_a01.jpg


彼・彼女たちの発表を死にかけながら聞いていて思ったことは
①みなさんそれぞれもがきながら自分の進むべく道を必死で模索しておられて素晴らしいということ
②やっぱり1年目は所詮1年目で、関係作って終わってしまう。勝負は2年目だということ

自分もそうやった、1年目なんて全然何もできなかったし、
まずウズベキスタンってものを全然知らなかったよなマジで
知ることによって自分のアプローチもすごく変わってくるし、
やっぱり勝負は2年目というか、1年目なんて何もできなくて当たり前って感じがする

事実を知ることから全ては始まると思うから

なんてこと思いながらなんとか気力で乗り切った前半戦

昼からは帰国隊員の方々の発表

野暮用が出来たので少し遅刻しながらの参加



一人目が彼、つかさくん
柔道隊員
20111222_a29.jpg

彼は俺とは違い、大学時代も体育会でバリバリに選手として続けて来た方なので俺とは違う点がたくさんあり
そういう意味では興味深い、学ぶところのたくさんある方でした


体育部会や首都上京の際に話すたびに感じたこと

彼は、自分の経験をもとに指導をされてるということ
例えば投げる時の細かい手首の使い方など、自分は自然と出来ていることだけれども、
教えるとなるとなぜ教え子がこれが出来ないのか分からなかったという。

そこを徹底的に突きつめて行き研究することによってようやく根本の原因にたどり着いたという

経験をもとに指導をしてしまうと、最初は出来ない子の立場に立つのが凄く難しいかもしれない
ただそこを腐らず辛抱して考えて接して行くことによって見えてくるポイント

そういった順序でものが見えてくるのはやはりバリバリの経験者だからだと俺は思う

俺はフットボールの経験が浅いので自分の経験をもとに指導する前に、、まず考えることから入る
全部が全部そうではないだろうけど、少しつかさくんとは順序が違うように思う


どちらが良いとかそういう話ではなく、経験が浅い自分にはできないアプローチの仕方だなと凄く興味深い指導をされていた


最後に、ウズベキスタンのスポーツ界に必要なことは何かという質問に対して彼はこう答えた


「スポーツと言うものが人間育成の手段としてもっと普及して行くこと、利用されて行くこと」 と。


2年間ウズでスポーツに関わってきて心から感じたことなのだろう

俺は半年後の今、同じ質問に何と答えるかな

20111222_a30.jpg

因みに彼は、大学時代の恩師の紹介で帰国後はシンガポールに行ってまた柔道のコーチとして働かれるそうだ


頑張ってください


二人目がこの方N川さん

20111222_a31.jpg

2年間ホームステイをやり遂げた何とも珍しく凄い方

彼は、なんと1月3日に帰国するのだが、JICAでの研修が終わり次第その次の日に職場復帰されるのだそう

少しでも早く職場に復帰して恩返しをするのだとか

それにしても休みなく職場復帰って・・・・凄すぎる


仕事できる人ってどんな人だと思いますかという無鉄砲な質問に彼は答えた

「数あるやるべきことの中で優先順位を決めて仕事が出来る人」と。


お体には気をつけて頑張ってください



3人目は我らがよーこさん
20111222_a32.jpg

唯一のウルゲンチ先輩隊員として本当にお世話になりました

ウルゲンチで集まる度に凄く勤務先のことで愚痴ってはったのを覚えています

それだけ色々難しいところがあったのだろうと思います

でも、最後の最後にあれだけのセミナーが出来て、認められて、後輩に良い形でバトンを繋げて、
心の底から同僚を好きになれて帰れるよーこさん。あなたは幸せ者ですね

それもこれも2年間苦労してきたからこそのウズベキスタンからのお返しなのでしょうねきっと

あと、報告会の最後にウルゲンチ隊の皆にありがとうって言ってくれたの嬉しかったっす
なんつーか、嬉しかった。ただ嬉しかった


どんな形であれこれからの人生が素晴らしいものになるように心から願っています


半年後会いましょね

半年後会った時にウズ語勝負しましょう!!!笑
絶対俺勝つし!!

ではお元気で




そしてシニアの方々
何といってもシニアの方、濃い濃い濃いですよマジで

その分野のプロの方の集まりなのでそれはそれは濃い濃い

大学の講義とかよりもマニアな話とかあるので普通にオモシロイです。

20111222_a35.jpg


20111222_a36.jpg


20111222_a38.jpg


20111222_a40.jpg


良かったり悪かったりいずれにしてもみなさんそれぞれのそれぞれなりの2年間があったなと


俺も半年後はあの立場


自信を持って報告会の場に立てるように頑張りたいと思います



ということで報告会後は恒例の送迎会

20111222_b67.jpg

今回、我らがウルゲンチ隊は、よーこさんのために小田和正の言葉に出来ないをアカペラで歌うために猛特訓を重ねて来た

そのため、送別会が始まっても酒は飲めないという状況・・・あー哀しき時間。


てか、地元のツレよ

俺がアカペラで小田和正を歌ったのだぞ!!!!

わかるかこの状況

・・・・・・・・・俺にはワカラン笑


みんな酔っぱらったりダンスしたり談笑したりベル鳴らしたり歌ったりナンパしたり?
楽しそうな雰囲気のある会でした

最後はいつものように三本締めでお開きと。


20111222_b68q.jpg


そしてウズベキスタンホテルに到着後、スポーツ隊員は変な行動に出だす。


しかしこのことについては言えません。


タシケント上京のメインイベントも無事終了した12月22日


にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村  ←もう2011年も終わりです。何かやり残したことはありませんか??


スポンサーサイト

category: 生活

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。