HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ウズベキスタン人の走力 



最近凄く気になることがあり、トレーニングで中学1年生を対象に50m走を計測した
(ウズベキスタンの体力テストでは通常50mは計測せず、30・60mを計測)

すると案の定遅いわ。
スタートダッシュで優位と思われるアスファルトで走っても遅ねん。

具体的には、7秒台の生徒がとても少ない(全体の2割程度)
一番速い生徒で7・4秒
二番目で7・6秒
て感じ。


これは遅いなはっきり言って。


日本の中学1年生だと、平均は8・4とかくらいかも知れんが
それなりに運動をしてる生徒の場合、7秒台は当たり前
速い生徒なら7秒前半で走り
学年の3~5%くらいは6秒台で走る生徒がいるような感じ


それに、ウチの生徒は皆サッカーを専攻している生徒で
5年生のころから毎日サッカーをしているような生徒達

にも関わらず7秒前半が一人しかいない(しかも7・4秒)というのはやはり遅いというべき


その俺の気になることと言うのが、生徒達の走り方

基本的に短距離の場合、つま先から着地しますが
長距離の場合は、疲労軽減のためかかとから着地します

サッカーの場合、短距離にも値しない超短距離力というものが必要
つまり一瞬のスピード、瞬発力

そういうことが必要なスポーツなのに、試合中のトップスピードでの走り方を見ると
80%の生徒がかかとから着地してはる

さらに、かかとから着地するという走り方のせいで足が円を描いとった
直線的な足の動きに対し、円を描いてまうということは
それだけで足の回転が遅くなる直接的な原因になる

そこを疑問に思い50mを走らせてみるとこの結果

やはり原因はかかとからの着地による走り方だと確信した
コーチにも確認してもらい納得してもらえた模様

ということで、走り方について説明することにした
①つまさきから着地しようということ
②足の動きを直線的にしようということ
③足を後ろに蹴るのではなく、前に押し出そうということ
④腕を前にではなく、後ろに引っ張ろうということ

だいたいこんな感じのことを説明し、足の回転を直線的にするトレーニングを実施

その後再びタイム測定
タイムが速くなった子もいれば遅くなった子も

しかし、慣れて行けば間違いなくこちらのほうが効率的な走り方なので
タイムも自然と上がっていくはず

これから毎日トレーニングの最後にそのトレーニングを取り入れて
週に1回か2回、定期的にタイムを計測して行きたいと思う


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ところでウズベキスタンの子供はなぜ足が遅いのか
なぜそのような非効率的な走り方が身についてしまっているのか

わからんけど、俺が思うに原因の一つとして学校教育の体育が挙げられると思うねん

これはウチの学校だけなのかも知れんけど
ウズベキスタンの校教育における体育の授業の質が悪い
というか幅が狭いというか


体育ってコーディネーション能力を鍛える絶好の場やと思うねん俺は
やから体育ではとにかく色々な動きをさせることに重点を置くべき

特に中学3年生まではそう
まだ体の色々な部分が発達する段階にある彼らにとっては体育は最高の成長の場なはず

だから色々な運動体験が必須やしそれを体験させるのが体育教師の仕事やろ

ただウズではそうはいかない

サッカー学校のうちの生徒が、冬になると体育館でフットサルばかりする
ってかそれしかしない

毎日毎日サッカーのトレーニングしてんねんから
体育の授業で間でサッカーやる意味は正直ないし逆効果やと思う

やったらもっと他のスポーツやらせてやって欲しい
バレー・バスケ・ハンド・ドッジ・ポートボール・ラグビー・
マット運動・跳び箱・持久走・短距離走・リレー・ハードル走・等などなんでもいい
とにかく色んな運動体験をさせてやって欲しいし
お願いやからそうしてくれ
それが俺の願い
そうすれば今より格段にコーディネーション能力が伸びる。間違いない


ただウズの学校では体育に使われる用具が圧倒的に足りていないというのは大きな問題
跳び箱なんてウチの学校には1つしかない
一回跳ぶために何分待たないといけないか
1時間の授業で3回も跳んだら余裕で授業終わってまう
そんなんでなにを獲得させようとしてるのか・・・・

また、体育館が小さい小さいというのも大きな問題
教室の黒板がやたら小さいのと同じように、サイズ感にも問題ありやなこれは

こういう体育教師ではどうにもできない問題があるのは事実やけども
それでももっと体育教師は体育の意義を理解せなアカン

サッカー学校の体育の授業でサッカーをさせてるようでは
ウズベキスタンの体育教育はまだまだやなって感じ

サッカーとかスポーツの専門家よりも
普通の学校に体育教師を多く派遣した方が良いかもって言うのは最近めちゃ思う

そこがあってからのスポーツの専門性に特化した人の派遣に繋げていくべきかな

っつってもウズの派遣はどんどんなくなっていくやろうけど・・・
体育教師は増やしても良いと思いまっせ


ってことで、トレーニングのウォーミングアップとして
サッカーの専門性を省いたメニューを組み入れる必要性をがあるなあ
(最近は専らドッジボールにハマってる俺とコーチと生徒たち)

余計な時間が割かれますが、この年代に獲得しておかなければ手遅れになってしまうので
それだけはしないように工夫してやってこ




にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村  ←今日は良い夫婦の日なので、クリックお待ちしています。


スポンサーサイト

category: ウズベキスタン

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。