HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

中間報告会+その他諸々 

今回、旅行編が無事終わりまして日常のブログに戻って参りました


その第一弾が中間報告会について


私たち青年海外協力隊員というものは、3カ月に1度日本から各国に派遣されています

ようは一年間で4隊次あるわけです

そして任地に派遣されてからは、3カ月に一度おペースで首都に上がり、その月に派遣されて1年になった隊員と2年の派遣期間満了になった隊員がそれぞれ中間報告と帰国報告という形でJICA関係者やその他同期隊員などに報告する機会があります


今回6月17日の中間報告会では、ちょうど私たち22-1が着任して1年が経ったということで私たちが中間報告として日頃の活動の様子や成果・課題などを報告する機会を与えていただきました


これがその会議室の雰囲気
hozirboraman

まだ始まってなかったので緩く人も少ないですが、始まる時には人もパンパンです



そしてこれが、わが22-1同期達の発表の様子

hozirboraman

hozirboraman

hozirboraman

22-1は9人なのでここに出て来ていない同期ももちろんきっちり発表していました


なんてゆーか、4月からずっと今まで一緒やったわけやけども、8月にそれぞれ任地に赴任してからなんてゆーものは、
そんなまともに活動の話をがっつりやるなんてことは本当稀です

任地が近かったらまだしも、任地が1000キロも離れてる同期もいるわけで、そんなところに会いに行くなんてお互いの都合尾もありますし経済的な都合もありますし簡単に行けません。

だから3カ月に1度のこの報告会のタイミングが一番時間があるというわけ
なんですが・・・中間報告会は帰国される隊員の送別会やらパーティーやらなんやらで、それこそゆっくり話す時間が少ない


だから、こうやって同期隊員がどんな活動を具体的にしていて、どういうところにやりがいを見つけてやってるのか、またどういうところで悩んでいるのか、壁にぶつかっているのか初めて知ることが出来ました。


22-1の皆は、俺を抜いて皆凄い経験の持ち主なんです・・
俺からすれば全ての人が尊敬に値するわけで。(いや、22-1のみなさんホンマにそう思ってますから)
そんな人たちが、活動で何を見て、感じて、考えて、行動し、挫折し、思考錯誤し、また違った角度から行動して、
って、そんなことを知ることが出来るというのは、自分にとってはそれだけで大きな勉強になる


だから今回の中間報告は、自分が赴任してきてから確か3回目の報告会やったけど、俺的には一番身近で楽しかった


あと1年後、自信を持って帰国報告できるように頑張ろうと言いたいですね



そしてこのおふた方が、2年の任期を終えて帰国される隊員。
一人目がS水さんで職種は村落開発普及員という職種だが、主にエイズ対策などを中心に活動をされてきた

二人目がK谷さん
K谷さんの専門が国際経済学と言う分野なのだそうですが、日本経済から私は勉強始めようと思います


hozirboraman

hozirboraman


お二人ともお疲れ様でした

日本でのさらなる活躍期待しております


ということで無事中間報告が終わった後は、お待ちかね恒例の送別会

hozirboraman


場所は、飲み物持ち込みOKということでベトナム料理屋さんのハノイというとこがお決まり

飯も美味いからいいっすよねここも


送別会はいつもこんな感じでやりたい人がやりたいように出し物をします

hozirboraman


そして撮りたい人が撮る。
hozirboraman

まあいつもこんな感じですね。
ただ半分くらいの人は出し物に一切眼をくれず、隊員同士もしくはJICA関係者の方との話に夢中


まぁそれぞれが好きなことやってみんな楽しんでるならそれで十分成立してます



で、その次の日は希望者でフットサル
hozirboraman

オモロかた!!!
アメリカ人の学生も参加してくれて、国際フットサルが実現して良かった

みんな運動せなあきませんよ運動


そしていい汗をかいた後はもちろん中華料理ですね


中華なんてタシケントにしかありませんので、田舎隊員の僕たちからすれば夢なんですねもうそれは

I have a dream

ですマジで。


極上の中華料理をあてに、ビールで運動の疲れをいやす。
最高ですこれ・・・でももう完全にオッサンの楽しみ方ですねこういうの


そこでは同期隊員の誕生日も祝うことが出来ました。

hozirboraman

良かった良かった


そして帰り道で記念撮影
hozirboraman
hozirboraman


濃い濃い2日が終わりました。
(だから言ったっしょゆっくり話す時間なんてほんまにナイって)



そして今晩は首都で活動する同期隊員の家に泊めてもらうことになっておりお邪魔しました。

と、家に上がるとなんとも素晴らしい気の利いたサプライズを用意してくれていました

hozirboraman

黄桜 辛口一献です


日本から送ってもらったものを、赴任して1年になる今回の首都上京の日のために飲まないで取って置いてくれてたそう

ありがたやありがたや

今となっては甘いと感じるこの味を噛みしめながら、
無事に1年終えたことを祝うと同時に、
残りの1年やってやろうと。
言葉にはなくてもそんな盃だったに違いないと思っています



さあ泣かなくても笑わなくても残り1年
スポンサーサイト

category: その他

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。