HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

CL決勝 見どころその2 


今朝に続き見どころ第二弾


ウェンブリーと欧州タイトル

今回の決勝の会場がロンドンにあるウェンブリースタジアム

789

ロンドンということはイングランド

イングランドと言えばマンチェスター??


そう、もちろんその通りイングランドと言えばマンチェスター


マンチェスターはなんとこのウェンブリーで国内のカップFAカップを過去に9度獲得している


マンUにとってはもってこいの相性のいいスタジアムなのだ


マンチェスターが欧州で初タイトルを取ったのもこのスタジアム


だったら断然マンU有利か?となるがそうではない


なんとバルサも欧州タイトルを始めて獲得したのがこのウェンブリースタジアムなのである


たがいに欧州を初制覇した土地がこのロンドンウェンブリーということ


・・・・この2チーム何かある


欧州タイトルに関しては両チームとも3回
どちらかが勝てば、オランダのアヤックス、ドイツのバイエルンに並ぶ


その上はリバプール、ミラン、レアルの3チームのみだ


ここまでくれば文句のつけようなく名実ともに世界最強となる

決勝での成績は

マンチェスターが3勝1敗
バルセロナが3勝3敗


マンは09のファイナルまで決勝で負けたことがなかった
しかしバルサにそのジンクスを破られたのだ


ただスタジアムの相性・そして決勝での成績を見る限り
見どころその2を見てもまたもやマンチェスターが有利なのか????


マジでどうなる今年の決勝

スポンサーサイト

category: サッカー

CL決勝 見どころその1 

5月28日 欧州CL決勝がサッカー発祥の地ロンドンで行われる

対戦カードは
マンチェスターユナイテッドFC(イングランド)
          
バルセロナFC(スペイン)


両チームとも今世界で最強クラブ


個人的に見たかった決勝が実現してすでに興奮状態


その興奮状態を抑えてみなさんに少しでも楽しんでもらえたらと思って見どころをいくつか紹介していきます


今回は過去の対戦を中心に


マンUはとバルサは83-84シーズンのUEFAカップを皮切りに、これまで10試合を戦い、対戦成績は3勝4分け3敗と全くの五分。
09年のCL決勝はバルサが制したが、91年のUEFAカップではロッテルダムでの決勝でマンチェがバルセロナを2-1で破り、アレックス・ファーガソン監督にユナイテッドで初の欧州カップ戦制覇をもたらしている。
2得点を挙げて勝利の立役者となったのは、以前バルセロナに所属していたマーク・ヒューズ。
また、この試合でバルセロナのゴールを守っていたカルロス・ブスケツは、勘の良い方はおわかりだろうセルヒオ・ブスケツの父親だ。


両チームは94-95および98-99シーズンのCLグループリーグでも対戦している。
この4試合の対戦成績はバルセロナの1勝3分け。
一方、07-08シーズンの準決勝で対戦した際にはマンUが勝ち抜けている。その翌シーズンには前述のローマでのCL決勝でバルセロナが早くもリベンジを果たした。


最近の10試合を見る限りでは、このカードにおいて連勝と言うものが一度もない。
これは前回優勝したバルサにとっては気になるところではないか
間違いなくこういう情報はバルサ側にもマンU側にも入っていることだろう

そんなこと全く気にしないという選手が多いのかもしれないが、そういう結果があると言うだけで心の中に小さな小さなゆがみ、ズレが生じる可能性は0ではないということ。


決勝戦なので引き分けはない。必ず勝敗がつく。
つまりこの過去10度の結果が事実ならば、マンUがリベンジを果たし優勝するということになる。


さあいよいよあと5日

どっちが勝つかな


category: サッカー

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。