HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Янгибозор Чойхонаси 

昼食は学校の食堂で無料で頂くことが出来ます


しかし正直言って全然テンションあがる内容ではありません


俺にしたら昼飯が唯一自分の食べたい物を食べることが出来る時間


なのに学校でテンションが上がらない料理の食べるのは、一日の中でかなりの楽しみを失っているということ


またコーチの中にも学校の料理は好きじゃないという人が多いため、俺たちは毎日地元の食堂に顔を出す


今週は5日中4日ここに通った


そのチョイホナがこちら

食堂


もちろん看板にはミッリータオムラルの表示が


これはウズベクの伝統的な料理って言う意味


まあヤンギバザールにウズベクの伝統料理以外の料理を出せる店があるわけないやろうし、別にこの看板は不要ですね


日本人御用達って書いたらもっと客増えるかもな!!!!!!!!!
今度提案してみよう。



で、ほんまに毎日のように通っているのでもうここの人とは家族同然


それは言いすぎたけど、友達同然


それも言いすぎたしまあようは顔見知りやな


やから厨房にも突撃したったわ勝手に

食堂2


色んな鍋でいろんな料理が作られている


パロブ・マントゥ・ショルバ・グレチカ(個人的にこれは普通にまずい)・ペリメニ・等など


料理については今度紹介するわ


食堂3


写真を撮るということで、全然使わない電卓やらも設置してきれいに見えるようにしてくれました


ラフマット ザミラオパ


てかやっぱりウズベク人は見かけを気にするんやな笑


写真一枚でもそんな色々してくれるとは思ってへんかったし笑えました




食堂5



中はこんな感じ
靴脱いで足が伸ばせるっていのは個人的には好きです


食後に横になるのも最高や。



もちろん普通のテーブルも


食堂4



昼の一時を過ぎると毎日のように満席になる


数少ないチョイホナなので重宝されるんすねえー


と、実は俺たちコーチが毎日座る幻の部屋があるんですけど、そこは撮影禁止なので撮れませんでした



嘘つきました。


上の写真の奥の左手に白いドアが開いてるのが見えると思います


俺たちはいつもそこに突撃して1時間1時間半ゆっくり過ごすんです


この幻の部屋は大人気で待ちが出たりはしませんが、
早めに行って長居するのがてっぱんの勝利の哲学


1500スム
60円くらいなん??
で完全お腹一杯いっぱいになるので大好きですここ


ザミラオパ 後1年間お世話になります


いずれは俺も「また払うし今日の分つけといて!」とか言えるようになるかな


スポンサーサイト

category: 生活

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。