HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

サッカーで言語技術 

最近始めたこと


それは







言語技術のトレーニング

ん?
俺はサッカー教えにきたんじゃなかったっけ?

そうなんです俺はサッカー教えにきたんです

だから言語技術が必要なんです

まぁ自分自身ここ数年で必要やなって思ってきたことやねんけどこの言語技術っていうのは


なんで必要か言ったら、サッカーでは論理的に考える力がめちゃ大事やし
まぁ俺が言語技術を習得してないからこんな子になって欲しくないってのもほんの少しあるけどな

話は戻ってサッカーってボール持ってる個人個人が自分自身で判断してプレーを行うスポーツやん?
もちろん味方の声とか監督の指示もあるやろうけど、そういうのも全部含めて最終的に判断下すのは自分自身の脳なんです。簡単なところで言ったらボールが来てるときに相手を観て、相手が左から来てるから右にボールを止めようとか。少しわかりにくいところで言ったら、ボール持っててゴール前のチャンス。ディフェンスとは距離があってもっと前にドリブルで進んでゴールに近づくことが出来る。でもここは今後の布石のためにあえてシュート打っておこうとか。
そういうこと。判断する材料は自分以外のものが勝手に与えてくれている。そこで何をいつどう判断するかはすべて自分次第。そんな時に頭を使って論理的に考えることが出来ない選手は正直話にならないし戦えない。
子どもが判断したのかしてないのかって言うのは傍から見ててすごく難しくて分かりにくいけれど、ここを鍛えていかないことには、試合で戦える選手になれない。しかも現代のサッカーは今までのサッカー以上に全てにおいてスピードが上がってきている。となれば無論判断のスピードも今まで以上に向上する必要がある。

サッカーでの判断能力はサッカーで鍛えるのが一番良いのは当たり前だけれど、これに特化したトレーニングも取り入れていこうかと模索中。日常生活で論理的に考えて筋道を立てて話せるようになればこれは絶対にサッカーでも活きる。そんな思いから今少しずつ練習中にそういうトレーニングをしている。もちろん子どもには「これトレーニングやし」とは言わない。子どもが知らないままに鍛えられているという感じ。


具体的に何をしているか。


それは簡単。


子どもとの対話の時に「なぜ?」と聞きまくること。



今日の具体例。ゴールキーパーやった子を1人戸別に呼び出して、

俺 「今日お前試合でどうやった?良かった?悪かった?普通?」

こども 「普通」

俺 「なんで?」

こども 「わからん」

俺 「じゃあ最初に普通って言ったのはなぜ?」

こども 「んー・・・」このとき子どもは若干怯え気味になる笑

俺 「これは正しいとか正しくないとかじゃなくてお前の意見を聞きたいだけやねん俺は」

子ども 「今まで出来なかった声を出すことことできたし、ゴール奪われなかったから」

俺 「じゃあ普通って言ったんわなんで?」

子ども 「わからん」

俺 「ゴール奪われんと無失点で、声も出したならそれは良いプレーしたんじゃないの?それでも普通って言ったんはなぜ?」

こども 「もっともっと声出せたし、パスちゃんと繋げなかったから」

俺 「あーだから普通って言ったん?」

子ども 「あわ」

俺 「じゃあ何をしたら良いプレーしたって言えたん?」

こども 「ゴール守って声をいっぱい出して、パスもちゃんと繋ぐことが出来たら」

俺 「そっかー。じゃあ今度ゴールキーパーで試合に出たらどうする?」

こども 「大きい声出して無失点で抑える。そして綺麗なパスを出す」

俺 「よっしゃ、ほなまた今度頑張れ」


こんな感じ。



こうやって理由つけて自分のプレーを振り返らせるようにする。
こうしたら自分のプレーを冷静に振り返って考えることが出来る。
こういう小さな積み重ねで、試合中も頭使って考えてプレーできるようなると信じてる。
そしてなにより子どもたちが大人になった時に凄く大切なことやと思うから



地道に続けるしかない
スポンサーサイト

category: サッカー

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。