HozirBoramanFC

ウズベキスタンでサッカーを指導している人が綴るブログ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ウミッド指導実践 

最後の最後にウミッドの指導実践が出来た

良かったーーーマジで

彼がもし気付けば凄く良い環境に変わるやろうと思ってますこの学校

彼が選んだ練習は5対3のボールキープ

5x3.png

ごく普通のボールポゼッションのトレーニング

4対2のボール回しも5対3のパス回しも両方とも数的には2人有利

だけどこのメニューの方が圧倒的に難しくなる

それはなぜかなーー??


指導対象は8年9年と、ウズベキスタンの3部リーグでプレーする選手数人

IMG_1131.jpg




緊張しながら入念にオーガナイズするウミッド

IMG_1123.jpg


練習開始


と思いきやいきなりミスした選手を退場させて自らプレー

ウミッドは世界一の瞬間湯沸かし器なので

こういうことが良く良く良く起こります

IMG_1158.jpg



魅せる時は割と一生懸命魅せる
IMG_1148.jpg


オープンに止める指導をフリーズかけてやってます
IMG_1179.jpg

やったらできるやんウミッドさん!


俺が若干興奮したしな出来るやん!って

IMG_1151.jpg



ただこのシーンは笑ってしまいました失礼ながら


IMG_1164.jpg

写真見てもらったらわかると思うんですけど

ウミッドに耳傾けてる生徒映ってないでしょ

みんな水分補給しに行ってるんです

でもね、ウミッドはみんな聞いてると思って指導してるんです

結局聞いてるの2人くらいやったと思います

あーウミッド・・・笑



総括

ミスした生徒を否定しまくってすぐに退場させたのは良くないよね
もう少し我慢することを覚えて欲しいです彼には

ティファールのようにグツグツ熱くなってくれたらいいのに彼はほんまに一瞬でお湯が湧きます

あとはオープンに止める指導をフリーズかけてしてたんですが

これとかほんまに凄く良い指導やし(指導内容のレベルは低いですが)

全員で共有する問題なんです

そういう問題を一人の生徒だけにやって回るんじゃなくて

どうせやらなあかんなら一度全部止めてしまって一度の指導で理解を促せばいいですよね

時間の短縮になるし、コーチが別のところに目を向ける時間も確保できますし

それでも今回、ウミッドは予想以上にフリーズコーチングとシンクロコーチングを組み合わせて

一生懸命指導者していたなと感じました

彼ほど生徒のこと思ってるコーチもなかなかいないでしょうね

色んなコーチはいますが

基本的に彼は愛情に飢えた不器用なコーチと言った感じです


そして最大のポイントがワンセクションの時間

5対3でディフェンダーが3人

この3人が疲れてしまえばこの練習は全く質の低いものになってしまいます

例えば時間10分間選手交代なしで守備は守備のままボール奪っても交代なし

っていうルールにしたらどうなるか想像できますか?

これはですね、生徒の心理から行くと

ボール奪っても交代できひんしずっと守備せなアカンし

それやったら最初から頑張らんとぼちぼちの守備してたほうが疲れなくて良いし楽や

となります。

ほぼほぼ間違いなくこの思考回路です生徒の頭

10分間死ぬ気で守備したろなんて誰も思ってません

かといって、ボール奪えばすぐ交代ってしたら

練習の流れと言うものが出来なくなってしまいます

ここでコーチの登場

だいたい何分くらいなら守備の選手が頑張れるか

全力で守備するか

そこを見極めてオーガナイズするのがコーチの仕事

例えば2分で交代って言われたら

2分ならガチガチ行ったろとか思うでしょおそらく??

そういうところですね学んでほしいのは

時間にルーズな人間からしたらこういうことは簡単ではないのかもしれませんが

まずはストップウォッチか時計を持つことから始めよう!!

IMG_1116.jpg



てことでウミッドの指導実践も終わりました


オントシュ以外の4人のコーチには一回ずつ指導実践をしてもらったことになります

指導実践が終わった後に2人きりで話すことによって少しでも考えてもらうきっかけを作れたかなと思います

自分が出来るのはこれくらいでさ

あとはその人立ち次第ってとこもありますかなり

俺たちはみんなゲームメーカーでもゴールキーパーでもゴールゲッターでもありません

何か分かりますか?





俺たちはチャンスメーカーなんです



チャンスを作るだけ

決めるか決めないかはその先にいる人間次第

って思ってできることやってきました

始めは思ってたけどね

プランニングさせてオーガナイズさせてコーチングさせてってイメージもってたよ

だけどなんか違うなって

講習会も何回もさせてもらったけど

それで何がどう変わるかなんてことはないんですよね

変わるわけがないはっきり言ってそれくらいのことで

教えてる内容なんてほんの少しの基礎の内容やし

じゃあ何が変わるって

コーチの意識よねやっぱり

コーチが講習会で「へぇー」とか「もっと勉強せな」とか「そうかなあ?」とか

そういう興味がもてるかどうか

もちろん興味が持てるように最大限努力して工夫する必要はあるけど

それをやった後はもう見守るしかないというか

気付きを待つしかない

彼らの中の小さな変化を待つしかないなて

この2年間で気づけるヒントはいくつも示したと思うし

これからも後任の方がどんどん示してくださると思う

外国から専門家が来て一緒に働けるなんてそうそうないですよね人生で

そこに何を感じるのか

いや、その前に何かを感じるのか感じないのか

その違和感はどんな質の違和感なのか

その人次第ですよね


俺たちは チャンスメーカー

ということで明日は最後のサッカーの活動(金曜日は卒業式なので)

生徒対コーチのガチンコ勝負

また明日もチャンスメーカーになろうと思います

なろうと思いますっていうか

彼らにとっての気付きのチャンスメーカーになれたらいいなと思います

チャンスメーカーになれるだけの努力は最大限しようと思います最後まで

俺がチャンスメーカーになれたかどうかは結果的に生徒、コーチ次第

楽しみです明日の試合いずれにしても

試合中に感情的にならないようにしないとな

高校の引退試合の時のように


桃次郎
スポンサーサイト

category: コーチ達

ミニウクタムの指導実践 

今回はミニウクタムの指導実践

ウクタムが2人いて、いつも出てくるのはデカウクタム

今回登場するのがウクタムミニと呼ばれてるウクタム

徒歩10秒で家から学校に着くという奇跡を毎日起こしている彼

コーチ陣の中では断トツで一番若いです

そんな彼の指導実践

選んだテーマはこちらの二つ


一つ目がこちら
ワンツールーチン
ワンツーのルーチントレーニング

ワンツーのタイミングを覚えるための導入トレーニング




二つ目がこれ
判断付き対面パス

判断付きの対面パス練習


対面にいる3人のウチに誰に出しても良い
でも、出した後は必ずパスを出した列に移動すること
後ろの赤いコーンで待って要求するときに黄色いマーカーまで出て要求すること

基本的にルールは以上




彼こそ今までまともなトレーニングをしたことがないのでミーシャ以上に緊張していた模様

練習前にかなりの数の確認の質問が飛んできました

しっかり理解してやろうとしている姿勢から来るものやから良いことなんですけどねもちろん


身長にコーンを並べるウクタム
IMG_0710.jpg

コーンを並べるのって慣れてるか慣れてないか一目でわかるんやって最近気づきました

ミーシャとウクタムミニは相当ぎこちなかった

普段どんなトレーニングしとんや!!笑

まあまあそれは置いておいて


デモンストレーションを入れながら指導する様子
IMG_0713.jpg



さらにアグレッシブになってるウクタム
IMG_0714.jpg


個々への指導
IMG_0724.jpg



トレーニング後に生徒を集めて理解を促すミーティング(私提案)
IMG_0739.jpg


自ら練習に参加して魅せるウクタム
IMG_0750.jpg


次のメニューの後にもう一度確認ミーティングで生徒の頭を活性化させつつ整理させる(自己判断)
IMG_0759.jpg


若干カメラ意識してもて遠く見つめながら固まってまうウクタムミニ
IMG_0735.jpg


ということで頑張ってやろうとしてくれていました彼なりに

彼がまともにトレーニングしているところを見たのはこの2年間で3回目くらい?ですマジで


総括としては

一つ目のメニューの途中に生徒同士で殴り合いのケンカが始まりました

それ以来なぜかウクタムのテンションが下がってビミョーな雰囲気になることも

こっちの人はみんなそうやけど気分乗らんかったし、

俺が気に入らんしとかいう理由でコーチが練習を放棄します

あなたの気分は知りません

どんな気分であれ毎日生徒はあなたの前にやって来ます

自分の周りの環境でなにか不都合とが起こってもそんなことは関係ないですよね

私情を挟まないでほしいです。


あと、デモンストレーションが絶対に必要やろうという場面で彼は口頭での説明しかしませんでした

デモンストレーションと口頭説明の使い分けが少し気になりました

デモンストレーションに関して言えばもう一つ

彼は、見せるときに何か遠慮してるのか100%の力で見せようとしません

悪い時はポケットに手を突っこんだまま見せたりします

そこは前も言うて注意したことなんですが

今回のデモの時もあまり見本となるものではありませんでした

そういう部分はミーシャという良い見本があるので学んでもらいたいと思います

見せるなら本気で見せる

本気というところに生徒は何か感じるはずです


他には、練習中難易度が高くてなかなかうまくいっていない時にコーチがどう対処するのか

ルールを変えるのかメニュー自体変えてしまうのか方法は色々ですが

今回はそういうところでも凄く迷いが感じられました

結局、ボールの数を一つ減らすという方法で落ち着きました


また、彼は最初に説明するときに言わなくてもいいことも言ってしまう癖があります

生徒自身で気づくということが一番いいわけで

コーチには答えを言わない、言いすぎない

ということも要求されます

今回の練習ではウクタムは、最初にほぼ全ての説明を同時にしてしまっていて

生徒の頭に全て入ってなかったように感じました

他には、個々の指導が比較的多いなという印象を受けました

もちろんそれがでいるのは彼のいいところだと思います

が、全員に指導すべき部分を個々だけにしてしまってるという状況が多々発生したので

個々に指導すべきことなのか

全員で共有すべきことなのか

その辺の判断もコーチには求められるということを伝えました


なんか今回は凄く修正点ばっかり書いてしまってるな俺・・・アカンアカン


練習後

「今日の練習で生徒は何回くらいボールタッチしたと思いますか?
間違いなく、ゲーム一試合こなすより何倍ものボールタッチをしたことだと思います
試合が必要ないとは言っていませんしもちろん必要です
ただ、彼らはまだまだ技術的に未熟で学ぶことが多い選手たち
彼らを前にしてどういうトレーニング中心で行っていくのがいいのかもう一度考えてみてください
僕が帰った後も色々なトレーニングをしてくれることを期待してますよ。」って言いました



彼は7年B組担当なんですが

7年はAとBの2クラスあって

簡単にいえばAがサッカー上手い奴らでBが下手な奴ら

そんなわけ方をされていますこの学年は

てことでウクタムミニの7年B組は正直言って凄く下手な選手が多い

サッカーを始めた時期が最近だという生徒も半分近くいる

そんなクラスを受け持ってるウクタムだからこそ

余計に基礎トレーニングの重要性を理解してほしいと強く願います

サッカー始めたばっかりの子供たちに試合ばっかりさせてもやはり技術は伸びにくいです

この年代でした獲得できないことが山ほどあると思います

ウズベキスタンの男子生徒は日本の男子生徒よりも成長期が遅くに来る

ということを考慮すれば

ウズベキスタンの生徒のゴールデンエイジは

日本のそれより少し遅くに訪れると言えなくもないかもしれません

そう考えると中学1年2年でもまだ遅くない

だけどこれ以上遅れると本当に手遅れになる

いわばラストチャンスなわけで

どんどん技術の習得にこだわってやって欲しいなって思います

サッカーなんて結局は自分の技術以上には楽しめんからな

俺サッカー好きやしサッカーの楽しさとか自分なりにあるけど

香川真司は絶対に俺にはわからないサッカーの楽しさを知ってるはず

それは技術のレベルが違うから

それだけのこと

技術以上には決して楽しめない

結局は個の力ですってだから


ミニウクタム(名字はボボジョノブ)よ!

ヤンギバザールのサッカーの未来を担ってるのは間違いなくあなたですよ



にしても2人とも俺があげた服着こなしてるな
IMG_0770.jpg



桃次郎

category: コーチ達

ミーシャの指導実践 


指導実践の第二回目

今回はお馴染みミーシャです

若いウクタムにお願いしてたんやけどその日は体育のテストで

余分に仕事があるとのことで、ミーシャに急きょお願いしたけどOKしてくれました

まずはそこにありがとう


メニューを選ぶミーシャ
IMG_0618.jpg


彼の担当は5年生ということで実践的なメニューは難しいとのミーシャの判断で

彼の選んだメニューはこちら

三角形パス回し基礎

超オーソドックスなパス&コントロールのトレーニング

レイオフした選手が3人目にサポートするというパスの連続

誰でも一度はやったことのあるかも知れないようなメニューですね

IMG_0626.jpg

彼は何かある時少し嘘をつきます

今回も

モモジローが皆の練習を見届けてみんなに成績をつけるとか言って生徒を少し緊張させてました


今まで一度もこういうメニュー行ったことがないのでグリッドのサイズに悩んでるミーシャ
IMG_0630.jpg
これじゃ小さいかな?いや、こんなもんか・・・的な声が聞こえてきそうな



で、結局10歳年下のウクタムに相談することに
IMG_0632.jpg

こう言う時はウクタムが完全に先輩になります


生徒がウォーミングアップ中に再度確認
IMG_0635.jpg

それなりに緊張しているのだなと思いました

なんせとにかく美しく見せるのがウズベキスタンですから

こういう指導実践一つとっても綺麗に越したことはないのです

そういうところもっと活かせないかな



で、指導実践開始

なかなか子どもが理解するまでに時間がかかってしまい相乗以上に苦戦するミーシャ


手先だけでなく体全体を使ってをするミーシャ
IMG_0654.jpg


こういう熱さというのか、それはコーチ陣の中で断トツ
IMG_0650.jpg


ミーシャが真剣に指導し始めると子どもたちも乗ってきます

彼にはそういう力があると思います

彼の一番良いところかなサッカーのコーチとして

IMG_0665.jpg


そして結局このメニューだけで30分も掛かってしまいました

がとりあえず最後まで出来ました

最後の方になると子どもたちもかなり理解してきたようで

終わってからは

「ももじろー、俺この練習気に入ったわ」

なんて言ってくる奴もいました

低学年には豊富なメニューが必要だなと感じた瞬間でした


練習終了後のミーティング
IMG_0672.jpg


彼は他のコーチに比べて多くミーティングを使用します
IMG_0673.jpg

説明し終わった後に、一番頑張った奴の名前とかを言ったりしてモチベーション維持にも繋げている様子

その影響からか、ミーシャに評価してもらいたいという奴らがたくさんいる

低学年の指導に向いてるよなミーシャは確実に


ということで感じたことはたくさんあるんですが

自分なりにメニューの利点を見つけ出して早速自分が予め作っておいた基本ルールを壊しにかかる姿勢!!良いですねー。

デモンストレーションの時も失敗を恥ずかしがらず、100%の力を出して見本を見せる姿勢も素晴らしい

フリーズを多用して子どもたちに理解を促していたのが凄く良かった
(名前を言ってだそう!、後ろを見ながらプレーしよう!)

ちょっと気になったところと言えば、休憩の取るタイミングが遅かったことくらい

理解するのに苦労している子供はやはり集中力も切れやすく

頭から疲れて行く傾向にある

そういう時には意図的に早い段階で水分補給取らせて頭を整理させてやることも重要なこと

もう一つは、このメニューのあとにかなりメニューのレベルを下げてしまったこと

メニューのレベルを下げるということで

確実性を要求できるという利点もあるけど

難易度のギャップがありすぎて子どもたちがすぐに飽きてしまうということにもなりかねない

今回は後者の結果が出てしまったので

メニューのレベルの下げる時は注意が必要!です

気になったのはだいたいそんなところ

サッカーのことをもっともっと知って行けば彼も凄く良いコーチになっていく可能性あるなあって思う

だけど意欲と環境がないから残念・・・

それでもやっぱり彼の良さが出てます彼のトレーニングでは

お昼にウォッカを飲むことをやめてくれたらとりあえずはGOODなんですけどね

それが止められないのが彼やし、そこはもう俺の力の及ぶ範囲でもないしね

それでもミーシャは嬉しいことを言ってくれました

「お前、なんでこのトレーニングメニュー表もって早く俺たちにくれへんかってん。この中にあるメニュー俺はまだ一つしかやったことがない。もっと早い段階でくれたらお前がいる間にたくさんやってみることできたのに」って。

まあ半酔いの時に言われた言葉やけど、それでも嬉しかったかなこれは

俺は帰国してしまいますが

後任さんがいますので、後は彼がなんとかしてくれるでしょう

ミーシャ、俺が帰国した後も頑張ってたくさんトレーニングしてあげてください

子どもたちの明るい未来のためによろしくっす


桃次郎

category: コーチ達

屋上 


学校の屋上に初めて上りました

20メートルはあると思います

IMG_9615.jpg


見晴らしかなり良いです

っていうか見渡しても何もないですヤンギバザール

グルランからウルゲンチに向かうバスが通っているだけ

IMG_9628.jpg

なんで上ったかというと

壁の剥がれた部分を塗り直すため

IMG_9638.jpg


こんなことがコーチの仕事となっているところがコーチ全員が納得しない部分なんでしょうねおそらく

そういう専用の人雇ってるにも関わらず

用務員さんたちには次々に仕事与えられています

IMG_9639.jpg


グチグチ言いながらも結局やるっていうのがウチのコーチ陣です

愚痴は言うけど面と向かっては言えない人が多いです

それでもそれなりに楽しみ見つけながら楽しくやってます彼ら

昼から酔っ払って練習なってないこともしょっちゅうです

そこはもう僕の範疇ではありませんのであしからず



最近流行ってる?

IMG_9637.jpg

カエルジャンプ

今月44歳なったばかり!若いミーシャ!!!

その若さをいつまでもよろしく


ちなみに屋上から降りるときやたらと怖かったのは言うまでもありません


おつカレー

category: コーチ達

あーウズベキスタン 


今日は土曜日も活動があるということで出勤しました

練習は昼からなので

お昼前にオントシュの家にみんなで向かいました

奥さんが亡くなってどれだけの月日が経ったか俺は覚えていませんが

一周忌ではありませんがそのようなことがウズにもあるようで

コーチの家で何かお祝い事や行事がある時はコーチ全員でそろって行きます

そういうとこはまあ好きなんすけどねなんやゆーて

11111.jpg

で、みんなでオシュ食べてオーメンしてダッシュで帰りました

練習に遅れそうだったので

で、学校に着いてみたらこれ

IMG_9316.jpg

デッカイ鞄抱えてみんなどんどん校門に向かって行くではありませんか


そう


急遽プラン変更


今日は練習なしで明日も学校休み

その代わり来週土日には授業がありますと


あーウズベキスタン

最後の最後までウズベキスタン



ここで一句


ウズ隊員 振り回されて 帰国する 


IMG_9317.jpg

おつカレー

category: コーチ達

comrade

I am

news

calendar

stopping on the way

emergency button

congratulatory speeches

recollections

sorting

find out

petition

QRcode

come on baby

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。